引越しの荷造り。

引越し時の収納方法と荷造りがはかどる梱包法のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

引越し準備で大変なのが荷物の梱包作業。安価なダンボールをうまく使えば引越しも楽々、しかも引越し先での保管に困りません。ちょっとしたアイディアで暮らしを楽しく、ダンボールの利用は賢い選択といえるでしょう。

日本の住宅、特にマンションなどの集合住宅は、収納場所が少なく頭を悩ませがちです。そんな時、上手に利用したいのが段ボール。狭い収納場所でもダンボール箱ならすっきり収まります。

ダンボールの上手な使い方

すぐに使わないものは、引っ越し先でそのまましまっておけるように効率よく梱包しておきましょう。まずは保管場所に困る、使わない食器類を段ボールを使って賢く収納です。

ファイルスタンド

お皿をしまうのには段ボールでできたファイルスタンドを使いましょう。書類や本などをデスクの上に立てておくためのファイルスタンドですが、お皿もファイルのようにしまっておくことが可能です。

お皿をファイルスタンドを利用して片付ける。参考:Yahoo!不動産おうちマガジン

ファイルスタンドがきっちり収まるサイズの段ボール箱に、ファイルスタンドをすきまなく並べて、お皿を縦に収納します。このとき、お皿とお皿の間には巻きダンボールを挟んでおけばクッションがわりに。あいた隙間には新聞紙などを詰めておきましょう。

ファイルボックス ファイルケース 再生紙使用 A4 縦型。
参考:アマゾン

フラワーボックス

丼やスープ皿、お茶わんなどはフラワーボックスを利用しましょう。鉢押さえ用ダンボールを一番下に敷いて、大きいサイズのものから順に収納します。

食器と食器の間には巻きダンボールを忘れずに。食器がフラワーボックスいっぱいに収まったら、巻きダンボールでぐるりと一周巻いておき、隙間には新聞紙を詰めます。

宅配120 フラワーBOX ダンボール 。参考:Amazon

衣類の収納

次は衣類をしまいましょう。すぐに着ない季節外れのジャケットなどにはハンガーボックスを使います。

ジャケットやスーツ、Yシャツなどもしわにならず、すっきり収納。コートもミドル丈なら大丈夫。タンスと違って置き場所にも困りませんし移動もかんたん。処分するときには資源ごみとして廃棄できるので手間がかかりません。

引越/保管用ハンガーボックス(エコノミータイプ) 。参考:Amazon

冬物のセーターなども意外にかさばるので収納に困ることがあります。そんなときは、たたまずに丸めて衣装ケースに入れれば、すっきりと収まります。

でも、厚手のセーターなどは丸めにくいこともありますね。その場合にはこれを使いましょう。

山善(YAMAZEN) ハンディラップ ストレッチ フィルム くるット 。参考:Amazon

倉庫やトラックの積み下ろしで、パレットに積んだ荷物をサランラップのようにぐるりと巻いて荷崩れがおきないようにするもので、ストレッチフィルムといいます。このストレッチフィルムのハンディサイズがひとつあるととても便利です。

ガラス瓶は専用の段ボール箱へ

最後はお酒やワインなど、割れやすいガラス瓶です。これには専用のダンボール箱を使いましょう。お醤油などを運ぶ時にも重宝しますし、プレゼント用にも使えますね。

割れないBox【日本酒・果実酒用段ボール】。
参考:Amazon

引越し業者が用意してくれるダンボール(有料、無料)のものや、スーパーなどでただでもらえるダンボールも上手に使って、引越し作業を効率よくススメましょう。引越し後の収納も考えて梱包するのもコツです。

トランクルームとレンタル収納スペース

引っ越しの際に家(部屋)に収納しきれない普段は使わない荷物などの収納や、家のリフォーム中や住み替え時の一時的な収納に、トランクルームやレンタル収納スペースを利用することもあります。

現在、トランクルームといえば倉庫業者が行うサービス事業のことで、不動産業者などが提供するサービスは「レンタル収納スペース」と呼ばれています。

トランクルームとレンタル収納スペースの最大の違いは、倉庫業者が倉庫業法に基づいて営業しているかどうかと、荷物の補償義務の有無にあります。それぞれのサービスの特徴を理解して、信用のおける業者を上手に利用しましょう。

トランクルーム

トランクルームは倉庫業者が荷物を預かり、預かった荷物を保全する義務があります。ですので、料金の名目は荷物の「預かり料」ということになります。

トランクルームの収納サイズ。参考:トランクルーム、貸し倉庫のプライベートBOX

トランクルームは倉庫業法に基づいているため、荷物の出し入れには営業している倉庫業者の立ち合いが必要で、かつ利用できるのは倉庫の営業時間内に限られます。

日本の住宅事情が生んだ、文字通りすき間産業であるトランクルーム。このところ、あちこちにトランクルームができているような気がしませんか?

かつては企業や一部のお金持ちが利用するもの、という印象がありましたが、最近はずいぶんと利用しやすくなってきました。

トランクルームの歴史は意外に古く、昭和6年といわれています。個人向けのトランクルームはオイルショックのあと、昭和50年ごろから首都圏を中心に広がったと考えられています。

当時は倉庫業者が倉庫の一部を貸し出す形態でサービスされていましたが、消費者との間でトラブルが絶えず、昭和61年にトランクルームの約款が定められました。

2001年には消費者と倉庫業者のトラブルに対応するため倉庫業法が改正され、倉庫業以外の業者が「トランクルーム」の名称を使うべきではない、という提言がなされます。

レンタル収納スペース

レンタル収納スペースは主に不動産業者が提供するサービスで、あくまでも場所を賃貸する契約となります。荷物の保全はしませんから、荷物の状態についてはユーザーの自己責任ということになります。

エアコン完備レンタル収納スペース。参考:レンタル収納スペースDUO

場所を提供するだけなので、特に規制する法律はなく、荷物の出し入れもユーザーの自由で、24時間OKのところが多いのが特長です。

レンタル収納スペースはマンションやビルに多くありますが、バブル期の建築ラッシュによって首都圏に多くのビルが建てられ、その後の不況や老朽化から空室率が高いのが理由のようです。

24時間出し入れ自由なことと賃料が安いことから、トランクルームよりレンタル収納スペースの人気が高いようです。

新しいビジネスモデルも

トランクルームは倉庫業者、レンタル収納スペースは不動産業が多いのですが、めずらしいところでは「イナバの物置」で有名な稲葉製作所なども参入しています。

㈱ホワイトプラスが日本梱包運輸と提携して提供するヒロイエというサービスは、荷物の出し入れを宅配便に限定することで、トランクルームの欠点を逆に長所とすることに成功しています。

荷物の預かり料を980円からと安く設定し、出し入れにかかる運送費の両方で売り上げを稼ぐ新しいビジネスモデルです。

リフォーム?リホーム?

主なリフォームは壁紙の張り替え、屋根や外装の修繕などから、システムキッチンの導入、バリアフリー化、オール電化などお金のかかるものばかり。

上手にリフォームすれば、中古住宅や中古マンションでも思わず引越したくなるような素敵な家に変身できます。でも、気をつけなければいけないのが悪徳リフォーム業者やリフォーム詐欺です。

リフォームの際に、契約金額が500万円未満なら建設業の許可なしでリフォームを請け負うことが可能です。このため、いいかげんな工事をしておきながら法外な金額を請求する悪徳業者が後を絶ちません。

悪質リフォームやリフォーム詐欺は会社ぐるみで行われることも少なくありません。

悪徳業者、リフォーム詐欺に注意

引っ越しとは直接関係ありませんが、リフォームや修理のトラブルの手口が、巧妙になっているので注意が必要です。

悪徳業者は訪問販売の形態をとっていることが多く、無料で点検をしますなどと偽り、屋根を壊したり床下にシロアリの卵をばらまくなどして、無理やり工事に持ち込む悪質な手口が使われます。

法外な修繕費用を請求したり、必要のない高額な設備を多数取り付けたりと、したい放題な悪徳業者ですが、特に独り暮らしの高齢者がターゲットになることが多く、対策として悪徳業者との契約を取り消せる「成年後見制度」を利用することが勧められます。

リフォーム詐欺(リフォームさぎ)とは、リフォーム工事をする意思も能力もないのに、被害者に対し虚偽の事実を申し向け、材料費や工事費などの名目で現金を騙し取る詐欺のこと。実際にリフォーム工事に入らないので、前金詐取と言える。wikipedia

詐欺被害の実態

作曲家・小林亜星さんが歌うテレビCM「♪パッとさいでりあ~」で有名だった新興産業が、その強引な契約手法で問題となり、リフォームの訪問販売は悪徳のイメージがつきまとうようになりました。

中でも、サムニングループによる被害は総額140億円にものぼり、株式会社幸輝の屋根裏補強工事では被害金額30億円以上といわれています。

リフォーム工事は会社がおおきいからいい、というものではありませんが、参考までにオリコンによるランキングをご紹介しましょう。

  • 1位:大阪ガス
  • 2位:旭化成リフォーム(へーベルハウス)
  • 3位:パナソニック
  • 4位:TOTO
  • 5位:積水ハウス
  • 6位:ミサワホーム
  • 7位:ゆとりフォーム
  • 8位:住友林業ホームテック
  • 9位:ヤマダ・エスバイエルホーム
  • 10位:積水化学工業

実績と信頼は口コミで調べる

リフォームは熟練した職人の腕がものをいう工事です。必ずしも大きな会社に腕の良い職人さんがいるとは限りません。

実績と信頼は口コミから調べるのがいちばんいいでしょう。知人、友人などにリフォーム経験者がいないか確認してみるのもいいかもせれません。

一般にいわれるリフォームとは和製英語で、正しくはリノベーション=renovationというそうです。英語のreformは改良とか改善、改心などを意味しています。

しかし、日本でリフォームといえば、家の内外装を改修することを指し、そのためリホームとも呼ばれています。

トラブルが先か、引っ越しが先か

近隣トラブルが原因で引っ越しせざるを得なくなることも、逆に引っ越した先で近隣トラブルに巻き込まれることもあります。

賃貸であれば、最悪の場合引っ越すという解決法がありますが、持ち家の場合はなかなか難しい問題もあります。

近年、ご近所との近隣トラブルが増えているようですが、2005年に起こった奈良の事件が注目を集めた最初の事例ではないでしょうか。

引越しおばさん

この事件は、奈良県生駒郡に住む主婦が、2年半にわたって騒音を出し続け、近隣の住民を不眠などに追い込んだ、というものです。

引越しおばさんの激怒した形相。参考:bokete

原因となった主婦は事件の前にも、別の住民とトラブルになり裁判沙汰になっています。このときは主婦側が勝訴したため、相手の住民は引越していったということですが、その後、引越していった家の隣に住む夫婦がいやがらせのターゲットとなります。

問題の主婦は朝の6時に布団をたたいていることを注意され、その腹いせにラジカセから大音量で音楽を流し始めます。

騒音による嫌がらせは次第にエスカレートしていき、ヒップホップやユーロミュージックなど、ビートの効いたダンスミュージックをなんと24時間休みなく流し続けるまでに。

さらに、取材に訪れたマスコミの記者を鬼の形相で怒鳴り散らすその姿がワイドショーなどで流され、「騒音おばさん」と呼ばれるようになりました。

騒音で不眠、頭痛~裁判に発展

騒音おばさんの隣に住む主婦が不眠や頭痛で治療が必要と診断されると、それまで手をこまねいていた奈良県警も、ついに騒音おばさんの逮捕に踏み切ります。

この間、なんと2年半、騒音おばさんは休むことなく騒音を出し続けていたというから驚きです。

裁判が始まると騒音おばさんは無罪を主張し続け、「♪引越し~引越し~」と叫びながら布団をバンバンと叩く証拠映像を見せられても、リズムに合わせて体をゆらすなど、裁判官をあきれさせます。そして、新たについた呼び名が「引越しおばさん」

結局、求刑3年に対して懲役1年の実刑判決が下されましたが、引越しおばさんは即日控訴、対する検察側も量刑が軽すぎるとして控訴します。

これを受けた大阪高裁は一審判決を棄却、懲役1年8か月を申し渡しました。引越しおばさんはさらに上告しますが、最高裁はこれを棄却、判決が確定します。

この裁判にも2年の月日がかかり、その間拘留されていた500日が量刑に割り当てられるので、結局引越しおばさんは3か月の服役で出所しました。

その後、事件の舞台となった平群町では騒音など迷惑行為を禁じる条例が施行されたということです。この引越しおばさんの事件によって、モンスタークレーマーが注目を浴びるようになりました。

引越しをしたら早くご近所と仲良くなるのが一番ですね。引越し前にはご近所に迷惑な住民がいないかどうか、地元の商店などに聞き込みをしておくといいかもしれません。

そして、引越しの前後には、手土産を持ってご近所にあいさつをしておくといいでしょう。

人と人のつながりが希薄になりがちな現代ですが、安全に暮らすにはやはり遠くの身内より近くの他人ですから。

まとめ

引越荷物の梱包にはちょっとしたコツがあります。収納スペースが少ないケースも多く、普段使わないものはそのまま収納して置けるように梱包したり、専用のダンボールを利用したり。

リフォームや住み替え時に、一時的にトランクルームやレンタル収納スペースの利用も増えているようです。
リフォーム詐欺や、近隣住人とのトラブルも近年増えています。被害に合わないよう、その手口や実例などを知っておくことも必要でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る